TOP >  貿易・航空分野 >  貿易・航空ビジネスコース

貿易・航空ビジネスコース

貿易実務・英語力・PCスキルで世界につながる貿易のエキスパートになる!

貿易は国と国とをつなぐ仕事。CBCに隣接した羽田空港の国際ハブ空港化に代表されるように、アジア全体が一つの市場となった今、あらゆる業種が海外に進出しています。業界で定評のある当学校の「伝わる英語力」をベースに、貿易と航空ビジネスのスペシャリストを目指してください。貿易流通のキャリアは一生の財産。当学校で国際ビジネス社会で確実なキャリア・パスを築き、世界で活躍する人材を目指しましょう!

貿易・航空ビジネスコースの特徴

業界で働くための3要素、英語力パソコン能力貿易専門科目を身につけるカリキュラム

英語能力 専門科目 パソコン
週10時間(1,2年次共通)
習熟度別5-6レベル
英語コミュニケーション:海外とつながる仕事をするために必要な英語コミュニケーション力を付けます。
TOEIC特講:資格として就職活動で生きてくる
TOEICの点数を上げていきます。
半年ごとにレベルアップが図れます。
1年次—基礎固め
貿易実務概論C級、IATAディプロマ(基礎)、マーケティング、ビジネス英語等、基礎となる勉強をします。




1年次
Excel(基礎)、Word
2年次
Excel(応用)、Power Point、Dreamweaver




英語能力
週10時間(1,2年次共通)
習熟度別5-6レベル
英語コミュニケーション:海外とつながる仕事をするために必要な英語コミュニケーション力を付けます。
TOEIC特講:資格として就職活動で生きてくる
TOEICの点数を上げていきます。
半年ごとにレベルアップが図れます。
専門科目
1年次—基礎固め
貿易実務概論C級、IATAディプロマ(基礎)、マーケティング、ビジネス英語等、基礎となる勉強をします。
パソコン
1年次
Excel(基礎)、Word
2年次
Excel(応用)、Power Point、Dreamweaver

2年次:選べる3つの専攻

2年次になると、目標とする就職先に合わせて専門科目を選ぶことができます

ロジスティック専攻

目標とする就職先

フォワーダー:
シー、エア、サプライチェーンなどあらゆる顧客のニーズに対応する国際物流・国際輸送のプロフェッショナルです。

船会社:
舞台は世界の海。コンテナ船から重量物船、LNGタンカー、自動車専用船など種々の貨物船があり、世界中の港を行き来し、大量の貨物を運んでいます。

国際複合輸送業者(NVOCC):
船、飛行機、列車、トラックなどを組み合わせ、地球上のどんな場所にでも貨物を運んでしまうオーダーメイドの輸送専門家集団です。

船会社代理店:
港への船の入港、貨物の積み下ろし、また船が出航するまでの手続きやコーディネートを港湾当局、船会社や荷主、荷役業者などと連携しながら進めていきます。

通関士:
輸出業者に代わって税関への手続きをします。日本からの輸出、外国からの輸入に際して、日本の水際で必ず通らなければならないのが税関です。そこには通関のスペシャリストのみが専門知識を駆使して発揮できる場があります。

2年次専攻科目

フォワーディング:
貿易実務の中で特に国際物流・国際輸送の部分を担っているのがフォワーダーです。海上輸送や航空輸送、また内陸輸送、倉庫、通関、書類作成に至るまで広範な業務に必要な知識を学びます。

国際物流英語:
国際物流・国際輸送の世界で必須の英語を“使える”ための訓練をします。また、多くの業界用語や特有の表現があり、正しい意味で使えるように学習します。

貿易シミュレーション:
実際の商品をアメリカから輸入する体験型の授業です。フォワーダーで働くことを想定して、どんな作業が必要か順を追って取り組みます。

貿易実務演習:
船積(航空も含む)や通関、クレームに必要な書類を、その内容、目的、使うタイミング等をきっちりと理解できるよう実際の手続きの流れに沿いながら学んでいきます。

トレーディングビジネス専攻

目標とする就職先

商社/メーカーの海外営業部門
輸出入貿易ならびに国内における物資の販売業務を行っているのが商社です。原材料などを加工することによって製品を生産し提供する業務を行っているのがメーカーです。全く異なるタイプの業種にみえますが、貿易に関わる仕事として共通するものがあります。

①海外営業での受渡業務
海外の顧客へ商品を納品すること(輸出)や、海外の商品を国内の顧客へ納品すること(輸入)。いかにスムーズに契約どおりに納品するかが重要で、海外のお客様への指示や連絡に英語は必須です。

②船積書類の作成業務
貿易契約締結後の船積書類の作成をメインの仕事とする部署もあります。正確さと迅速な事務処理能力、予期せぬ事態への対応能力が求められます。

大型小売店、雑貨
海外から商品を輸入して販売をするのが、小売業や雑貨店です。商品を輸入する際に役立つのが貿易知識や通関の知識です。また、国内市場におけるニーズを把握し、これに合った海外製品をみつけて提供していくマーケティングの知識が必要になります。

2年次専攻科目

貿易実務概論B級:
C級での基礎的な貿易知識に加え、更に詳しくレベルアップした内容の習得と実践的な業務の基本を学び、より深い貿易の理解を目指します。

ビジネス英語Ⅱ:
実際の貿易の各場面で使用される例文を基に、英語で用件を伝える上で修得しておかなければならない必要事項を学習します。

国際関係論:
グローバル化が進む世界の中で、貿易業界で働くための基礎的な世界地理知識をベースに、各国の現状、日本との関係などを貿易・経済中心にテーマ別に学びます。

貿易実務演習:
物流の代理店に輸送を頼むさいにも書類は欠かせません。船積(航空も含む)や通関、クレームに必要な書類を、その内容、目的、使うタイミング等をきっちりと理解できるよう実際の手続きの流れに沿いながら学んでいきます。

空港ハンドリングスタッフ専攻

目標とする就職先

旅客サービススタッフ:
空港の表舞台で、お客様のチェックインから飛行機への搭乗まで、またラウンジや到着後に、お客様がスムーズに快適に空港を利用していただけるようサービスを提供する仕事です。

グランドハンドリングスタッフ:
飛行機が到着してから出発するまでの短い間に、飛行機の移動・誘導、貨物・手荷物の搭降載、給油・給水、機内清掃、ケータリングなど、安全で快適な飛行を準備する仕事です。

エアカーゴスタッフ:
世界各地へ飛び立っていく貨物を飛行機の形に合わせて組立て、また世界中から次々に到着する貨物や書類を次から次へと仕分けていく。時間勝負の充実感ある仕事です。

2年次専攻科目

IATAディプロマ(危険物コース):
一旦飛行体制に入ると、飛行機は閉鎖的な空間となります。そのため飛行機に搭載する貨物や手荷物については厳しい規制があります。一般危険物、放射性物質、危険物の包装・マーキング・ラベリング等危険物を航空輸送する上での基本的な知識を習得します。

インターンシップ:
空港関係の仕事では、入社前のインターンシップを求められることが多くあります。仕事への取り組み方、職場でのマナー、授業で学んだことを実務で体験し、入社後の仕事をスムーズに進めることが目的です。この仕事では、自動車運転免許取得も必須になります。

サービス英語:
ホテル、観光、空港等、様々なサービス業界に適した英語表現を学習します。語彙・表現を覚え、ロールプレイを通して実践で使えるよう習得していきます。

観光地理:
海外や外国の人をお迎えする日本の玄関口、空港での仕事をする上で必要な日本・海外の地理や観光地、文化を学びます。

貿易会社/先輩との強い絆

私たちの学校の貿易コースは歴史があり、数多くの卒業生を貿易物流業界に送り出してきました。学校と企業との結びつきは強く、東京/川崎/横浜の京浜港や成田/羽田の両国際空港における本格的なインターンシップ(企業研修)や、先輩との情報交流会も盛んです。当学校の本コースに限定して求人票を送っていただける企業が多いのも就職に強いこのコースの特徴です。

授業での内容を確認できる
貿易現場研修

川崎港・コンテナーターミナルに隣接する川崎東郵便局、横浜税関、本牧コンテナーターミナル、東京国際エアーカーゴターミナル等を見学する研修ツアーを実施しています。普段学校では体験できないような税関での検品を行っている現場見学、-20℃の冷凍保存庫の体感、東京国際貨物ターミナルでの最先端の設備を備えた貨物処理場等で、学校での貿易の授業に直結する研修をし、授業モチベーションを向上させます。

インターナショナルマインドを育てるキャンパスです

国際マーケットでは、自国以外の人たちとコミュニケーションを取りながら仕事をすることが一般的です。当学校の本コースでは日本の貿易スキルを学ぶため、アジアの国々からの留学生が学んでいます。クラスメートの彼らと、文化・習慣・価値観を尊重し共有しあうことで、外国人との上手なコミュニケーションの取り方や国際感覚を身につけることが出来るのも当学校本コースで学ぶ大きなメリットです。

PAGE TOP

1年前期時間割例

   
  9:40~10:30 10:40~11:30 11:40~12:30 13:30~14:20 14:30~15:20
Mon. パブリックスピーキング 英語コミュニケーション 英語コミュニケーション アプリケーション(Excel) アプリケーション(Excel)
Tue. ビジネスリテラシー ビジネスリテラシー TOEIC特講 貿易実務概論 貿易実務概論
Wed. 英語コミュニケーション 英語コミュニケーション TOEIC特講 選択科目A 選択科目B
Thu. 就職指導 貿易実務概論 貿易実務概論マーケティングマーケティング
Fri. ビジネス英語 ビジネス英語 英語特講 英語特講 Cafe Talk

カリキュラム

1年次 2年次
科目名 単位数 科目名 単位数
イングリッシュコミュニケーション 4 イングリッシュコミュニケーション 4
英語特講 2 英語特講 2
TOEIC特講 2 TOEIC特講 2
パブリックスピーキング 2 Café Talk 2
Café Talk 2 英語発音 1
貿易実務概論 Ⅰ 3 ビジネスコミュニケーション Ⅱ 1
IATAディプロマ Ⅰ(基礎コース) 3 貿易シュミレーション 3
ビジネス英語 Ⅰ 2 国際関係論 1
eコマース入門 1 貿易実務概論 Ⅱ 3
マーケティング 1 フォワーディング 3
アプリケーションⅠ(Excel初級) 1 ビジネス英語 Ⅱ 1
アプリケーションⅡ(Word) 1 国際物流英語 1
キャリアガイダンス 1 貿易実務演習 1
キャリアディベロプメント 2 貿易実務検定対策 2
一般教養 1 サービス英語 1
ビジネスリテラシー 1 観光地理【国内・海外】 1
ビジネス日本語 2 サービス介助士 2
特別文化/体験活動 2 観光英語 1
  アプリケーションⅢ(Power Point) 1
アプリケーションⅣ(Excel中級) 1
アプリケーションⅤ(Dream Weaver) 1
キャリアディベロプメント 2
ビジネスリテラシー 1
ビジネス文書 1
特別文化/体験活動 2
韓国語/中国語/ペン字/PE/フルーエンシィ/リスニング(4)
海外語学研修(24), インターンシップ(16) IATAディプロマ Ⅱ(危険物コース)(2), 通関士試験対策(3)

PAGE TOP

目標とする資格

資格対策授業

目標とする資格

・通関士(国家試験) ・貿易実務検定C〜B級 ・日商ビジネス英語検定 3級〜

・TOEIC 600点〜800点 ・実用英語技能検定 2〜1級

・Microsoft Office Specialist Excel/Word/Power Point

・ビジネス文書検定 3級〜2級 ・ビジネス能力検定 3級〜2級

・IATAディプロマ(基礎/危険物コース)

目標とする就職先

活躍する卒業生

学んだことを生かして貿易、通関業務の仕事をしています

新岡千名美さん

(株)アルプス物流 輸出入センター 国際2課
神奈川県立港北高校出身

READ MORE

入社してからずっと航空貨物の輸入業務を担当しています。毎日中国から来る貨物の通関・運送の手配に加え、月末は請求処理に追われています。最近は仕事の全体像を理解し、責任のある仕事をしています。貿易の仕事は、日々自分の成長が感じられるやりがいのある仕事です。貿易に役立つ通関士の資格取得を目指しています。

漠然としていた夢が、現実のものとなりました

出口明穂さん

株式会社アルプス物流 輸出入センター 国際2課
駿台学園高校

READ MORE

入学時のパンフレットに載っていた新岡さんのメッセージを読んで、こんな会社で働けたらと漠然と思い入学した私が、同じ会社に入社し、配属された部署の直属の先輩が、新岡さんで、ビックリし安心しました。中国からの輸入航空貨物の取り扱いをしています。客先との連絡は英語です。職場の先輩達が送ったE-mailに良い表現があれば、控えておき、自分でメールを書くときに利用させて頂いてます。学生時代にビジネス英語や中国語を真剣に勉強しておけば、もっとスムーズに仕事が進むのにと感じます。

日本での就職を実現しました

朱後男さん

エイチアンドフレンズGTLジャパン(株)
朝鮮大学出身

READ MORE

日本への当初の留学目的は日本語の勉強でしたが、日本語だけではなにか物足りない、将来になにかやりがいのある仕事がしたいと思い、CBCの貿易コースに入学を決めました。
1年間のインターンシップ中は学校の勉強と仕事との両立で苦労をしましたが、その分入社後は不安も無く業務を進めることが出来ました。授業で貿易や物流の大きな流れについて学んでいたので、その知識や実務を日々の仕事に結び付けていくことはそれ程難しくありませんでした。皆さんにも学生時代は友たちと学生生活を楽しみながら、授業をしっかり受け、社会人として一人前になれるように頑張って欲しいと思っています。

通関士も取得しました

伏見由希子さん

ジャパン・バン・ラインズ株式会社
神奈川県立商工高校出身

READ MORE

CBCで学んだ貿易の知識を活かし、国際複合輸送会社で働いています。所属する横浜支店業務部にはCBCの卒業生が4名、会社全体としては11名おり、輸出担当として業務に従事しています。学生時代から資格取得に力を注いでいて、在学中には英検2級を始め7つの異なる資格を取得しました。仕事を始めてからも、時間を有効に使い、通関士を始め色々な資格を取得しています。JVLでは資格手当が支給されるのも魅力です。貿易事務は英語を使う仕事としてやりがいがあります。これからも知識と能力の幅を広げて、更なる活躍をしていきたいと思います。

確実に夢に近づいています

田中 涼太さん

株式会社 石川組
神奈川県立相模田名高校出身

READ MORE

高校卒業後、将来への目標が定まらずアルバイトをして暮らしていました。そんな時にエアーカーゴの仕事を知り興味を持ちCBCに入学をしました。堅実で計画性のある性格なので、着実に勉強を重ね、検定を取得し、就職活動に臨みました。幸い早い時期に内定が決まり、勉強への余裕がでたので、当初予定をしていなかった通関士も履修をしました。現在働いている会社は横浜に本社があり、創立明治45年という歴史のある国際複合輸送会社です。最近徐々に身についてきた英語を更に伸ばし、世界56ヵ国にネットワークを持ち、航空・宇宙機器から雑貨・食品まで取り扱う会社で羽ばたいていきたいと思っています。

編入の道を選んで正解でした

今井 勇樹さん

日本大学 国際関係学部 国際政策学科編入
静岡県立桐陽高校出身

READ MORE

入学当初から、日大の編入希望でした。学科も国際関係学部と決めていたので、編入担当の内田先生に相談をしながら、専門知識を付け、小論文対策を行いました。英語のクラスレベルはプレイスメントテストで決められるのですが、私は1番上のクラスに入るにはぎりぎりのレベルでした。ついていくために努力が必要でしたが、上のクラスで学びたいと申し出たことが英語力アップにつながりました。流通、マーケティング、英語コミュニケーション、貿易実務、観光地理、中国語、韓国語等62単位すべてが、編入単位として認められ満足をしています。

学科の就職指導

文章を書く力、面接試験対応スキルを身につける

就職活動の第一歩は応募書類にあります。エントリーシート、履歴書に書く自己PR、志望動機はとても大切です。また、貿易業界では小論文を課す企業が多く見受けられます。書くことはすぐに身につくわけではありません。日頃からテーマに沿った作文を提出してもらい、それを添削していくことで、筋道だった、わかり易い文章を書く力を身につけます。また、模擬面接は何度でも受けることが可能です。平常心で本番に臨めるように、徹底的に指導をします。

在校生の声

食品の輸出入が将来の夢です

矢木 もも子さん

神奈川県立逗子高校出身
 

READ MORE

将来の仕事の条件にマッチするのが貿易でした

田原 廉さん

茨城県立伊奈高校出身
 

READ MORE

高校生の時に自分が将来どんな仕事に就こうかと考えた時に二つの条件が浮かびました。
一つ目が、英語を生かせる仕事をしたいということ。二つ目は海外に関係がある仕事ができたらいいということです。条件を満たす仕事を探すうちに貿易にたどりつきました。

英語の授業では語彙や文法などの基礎を学びながら、ネイティブの先生や留学生たちと喋ったり、聴いたりしながら日々コミュニケーションスキルを磨いています。貿易の授業では、基礎的な知識や仕組みを一から学び、さらに社会に通用する文書の書き方や取引の仕方や細かいルールなどを勉強しています。

CBCでの授業は時に難しいですが、その分頑張って資格をとったり結果が出た時には達成感を味わうことができます。

将来は、発展途上国の方々と関わる仕事をすることが夢です。

PAGE TOP

英語と専門スキルを学ぶなら

入試情報・奨学金・授業料の詳細はこちら

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町22-1

お問い合わせ・体験入学お申込み・資料請求は、お電話・メールフォームよりお気軽にご連絡下さい。